BBクリームのあとファンデーションやパウダーはいらない?併用使いと単品使いそれぞれのメリットと使い方のコツ

BBクリームのあとファンデーションはいらない?
仕上げパウダーは?
ファンデーションとBBクリームは併用してもいい?

などなど、
BBクリームとファンデーションの関係や使い方がイマイチわからない。。。という方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では、

BBクリームとファンデーションの併用について
BBクリーム&リキッドファンデーションの使い方
BBクリーム&パウダーファンデーションの使い方
BBクリームの単品づかいのメリット

など、BBクリーム&ファンデーションの素朴なギモンについて、解説したいと思います!

ベースメイクをキレイに仕上げたい方は、ぜひ参考にしてくださいね☺️

BBクリームおすすめランキング

BBクリームのあとファンデーションはいらない?

基本的に、BBクリームのあとにファンデーションを使う必要はありません

BBクリームは
美容液や保湿クリーム
化粧下地
日焼け止め
コントロールカラー
ファンデーション

などがひとつになったメイクアイテムです。

ファンデーションとしての役割も果たしてくれるので、ベースメイクはBBクリーム1本で完了します。

ただし、BBクリームはファンデーションよりも薄づき。
そのため、しっかりメイクしたい・メイク感が欲しい場合は、ファンデーションを併用してもOKです。

つまり、BBクリームを下地使いするという方法ですね。

ただし、BBクリームの単品使い、ファンデーションとの併用使い、それぞれにメリットがあります。
ですので、理想の仕上がりや目的に合わせて、単品か併用かを選ぶのがベスト

そこで、単品使い・併用使い、それぞれのメリットについて、解説したいと思います☺️

BBクリームの単品使いのメリット

BBクリームの魅力は、なんといってもナチュラルな仕上がり✨

ですので、すっぴん風メイクがしたい場合は、BBクリームの単品使いがおすすめです☺️

カバー力が高いBBクリームを使えば、しっかりカバーしつつ、ナチュラルなキレイ肌に仕上がりますよ♪

ツヤ感を活かしたいならBBクリーム1本だけでもOKですし、
テカりや崩れが気になる場合は、仕上げにルースパウダー(仕上げパウダー)を軽〜く乗せるのもアリ。

また、石鹸で落とせるタイプのBBクリームなら、クレンジングも不要なのでラクチンです^^

おすすめ記事
30代のBBクリーム-大人女子のお肌に合うBBはコレ!

40代のBBクリーム-実際に試して良かったイチ推しBB

50代のBBクリーム-試して良かった当たりBBを本音レビュー

BBクリームとファンデーションの
併用・重ね使いのメリット

BBクリームは化粧下地としても優秀👍

その理由は、
乾燥対策になる
コスパがイイ
メイクが時短できる
テカりや毛穴落ちを防げる
メイクしながら美肌を育てられる

などなど、たくさんあります。

まず、美容成分が配合されているので、お肌の保湿や乾燥対策になります
メイクしながらスキンケアができるんですね☺️

また、お肌の乾燥を防ぐことで皮脂の分泌がおさえられ、テカりや崩れを防止することができます。

伸びが良くムラになりにくいBBクリームを選べば、お肌にピタっとフィットして、ファンデーションのノリも良くなります👍

また、美容液や乳液、下地などの機能があるので、
ローション
 
BBクリーム
 
ファンデーション

だけでメイクが済むので、時短にもなって便利💓

下地、ファンデーション、パウダーなどなど、アイテム同士の相性も考えなくていいのでラクですし、
いろいろ買い揃えなくてイイので、コスパも◎

BBクリームは、めちゃくちゃ便利なベースメイクアイテムです☺️

おすすめ記事
BBクリーム【使ってよかった&口コミ良評判】おすすめランキング

BBクリームとファンデーションの併用の使い方

BBクリームを下地使いする場合は、とにかく少量を薄くつけて伸ばすのがポイントです。

BBクリームにはファンデーション機能もあるので、たっぷりつけてしまうとこってり厚づき感が出てしまうんですね

厚づきはメイク崩れの原因になりますので、できれば避けたいところ。

そのため、BBクリームを少量を薄く伸ばしてから、ファンデーションを使ってくださいね。

BBクリーム&リキッドファンデーションを使う

洗顔後、ローションをつけます。
ローションだけでは物足りない場合は、乳液を使ってもOK。
オールインワンゲルを使う場合は、ベタつきが残らないタイプのものを使ってくださいね^^
 
BBクリームを薄く伸ばします。
つけすぎると厚づき感が出てしまうので、慣れるまでは少量ずつつけてくださいね。
スポンジでも指(手)でもOKです。
 
コントロールカラーを使いたい場合は、ここで使います。
 
ファンデーションをつけます。
 
お好みで仕上げパウダー(ルースパウダー)を使います。

以上です。

BBクリームは化粧下地よりもカバー力があるので、少量を薄く伸ばすのがポイント。

ファンデーションもいつもよりも少なめにすると、こってり厚づき感が防げます^^

BBクリーム&パウダリーファンデーションを使う

洗顔後、ローションをつけます。
ローションだけでは物足りない場合は、乳液を使ってもOK。
オールインワンゲルを使う場合は、ベタつきが残らないタイプのものを使ってくださいね^^
 
BBクリームを薄く伸ばします。
つけすぎると厚づき感が出てしまうので、慣れるまでは少量ずつつけてくださいね。
スポンジでも指(手)でもOKです。
 
コントロールカラーやコンシーラーを使いたい場合は、ここで使います。
 
BBクリームがある程度乾いたら、ファンデーションを薄くつけます。
乾くまで待てない場合は、ティッシュで軽く押さえてからファンデーションをつければOK。
軽く叩き込むようにファンデーションをつけると、ヨレにくく、ムラにならず、ピタっとフィットします^^

以上です。

リキッドファンデーションの場合と同様に、BBクリームは化粧下地よりもカバー力があるので、少量を薄く伸ばすのがポイント

もしファンデーションが厚づきタイプの場合は、スポンジではなく、ルースパウダー用のパフやブラシを使うのがおすすめです。

つけ過ぎを防げて、厚塗り感が出にくくなりますよ^^

おすすめ記事
BBクリーム【使ってよかった&口コミ良評判】おすすめランキング

メイク直しにBBクリームを使う

BBクリームは化粧直しにも使えます。

お直ししたい部分にBBクリームをほんの少しポンポンとのせるだけでOK。
乾燥も防げますし、厚ぼったくならないので、BBクリームはお直しアイテムとしてもおすすめです^^

使い方

皮脂・テカりをティッシュで軽く押さえてオフします。
 
少量のBBクリームをスポンジに出し、まずはメイク直ししたい部分にポンポントのせていきます。
 
直した部分のまわりにもポンポンとのせ、ムラをなじませます。

以上です。

ただし、仕上げにルースパウダーを使っていたり、パウダリーファンデーションを使っている場合は、注意が必要。

メイク同士の相性によっては、モロモロなってしまう場合があります。

そのため、まずは自宅で一度、使っているファンデーション・パウダーのうえからBBクリームをつけて試してみて、モロモロにならないかどうか確認しておくと安心です。

モロモロにならないなら、メイク直しに使ってもOK^^

まとめ

BBクリームとファンデーションの組み合わせは、BBクリームの特徴を生かして上手に使えば、メイクがさらにグレードアップ♪

肌悩みががっつりカバーできて、さらに保湿&肌ケアもできて、ツルすべキレイ肌に仕上がります✨

また、ナチュラルに仕上げたい場合は、BBクリーム1本ですっぴん風に♪

TPOや気分に合わせて使い分けして、いろんな仕上がりを楽しんでくださいね^^

BBクリームおすすめランキング

30代になると、お肌はすっかり大人仕様。 お肌がカサカサしたり、荒れやすかったり、ファンデーションがコナコナ・ボソボソになった...
BBクリームは時短&ナチュラルに仕上がるので使いたいけど、 なかなか良いモノに出会えなかったりしますよね。 40代的にちょっ...
50代といえば、ファンデーションを塗ったときに、「あれ?」と違和感を感じ始めるお年頃。 いまいちフィットしなかったり、シワや毛穴が...